スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ふと思ったこと
- 2007/07/27(Fri) -
●高校卒業
 ↓
●一年間期間を設け、その期間の間全員労働させる。同時に自主学習期間とする

※労働は全員強制であり社会勉強としても重要な意味を持つ

※基本的に就職先は自由であり変更もまた自由である

※この間に現実の企業や社会を自分の目で確認できるので進路や将来を真剣に考える時間と余裕ができる

※過度の労働をさせないようにすることで各自が勉学に励むことができるので学生の学力向上が期待できる

※入試までに1年間の余裕を持つことができるので都市部と過疎部との学力格差を埋める対策を行うことができる

※企業側も安い賃金で労働力を確保できる上に将来の雇用も期待できる

 ↓
●一年後大学入試、もしくは就職(ここで1年間働いたという証明書を提出できなければ厳罰を与える)
 ↓
●大学入学(一年間の労働分の給料を全額学費に強制変換)

※就職するものに対しては相当の給料を配当

※親の学費負担低減につながる(一月10万として換算してみると120万円分の学費が確保できる)



これは正直良いと思うのだが
どうだろうか?
徹夜明けの頭で考えたことだから後からみると矛盾があるのだろうが、現時点ではなかなか良いシステムだと思える
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<地雷 | メイン | PC復活>>
コメント
--
夢をもって企業の扉をたたく。

→中身を知って絶望。

→働く位なら野垂れ死にを選ぶぜ!

純粋な奴ほどこうなるような気がする。社会人4ヶ月目の意見。
俺?純粋じゃないからw
2007/07/27 23:42  | URL | くろノギス #-[ 編集] |  ▲ top

--
くろさんじゃないっすか!
コメントありがとう

社会人の意見は説得力があるな~
俺も大学に来てすこし困惑したくらいだし
会社ともなるとなおさらか

2007/07/28 12:56  | URL | 家鴨艦長 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ahirukantyou.blog80.fc2.com/tb.php/62-3c9adc1a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。