スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
IOの最新液晶モニタ
- 2007/06/27(Wed) -
本日27日、IODATAより最新液晶モニタ「LCD-MF241X」が正式に発表された
http://www.iodata.jp/prod/display/lcd/2007/lcd-mf241x/

既に発売されれいる三菱「VISEO MDT241WG」やナナオ「HD2441W」に遅れを取っていたIODATAだが、この「LCD-MF241X」で遅れを取り戻すことができるのではないかと思う
後から発表されただけあって欠点らしい欠点が無い

この液晶モニタは最新鋭の入出力端子であるHDMI、HDCP対応DVI端子はもとより、Adobe® RGBの色再現領域をほぼカバー、NTSC比92%というパネルを採用し、専用の遮光フードも存在するという、良い意味で実に変わった製品だ(フード別売り6300円)
動画重視の仕様で、Adobe® RGBやNTSCを意識して遮光フードも生産するとは珍しいことこの上ない

もちろん基本的な機能であるオーバードライブや、ドットバイドット、10bit補正などを備え、動画を存分に楽しむことができそうだ

しかし…

最も注目すべきはパネルの種類と、どの会社の液晶パネルを使用しているのかだ

この点については明記されていない
パネルの種類についてはVA方式かIPS方式のどちらかだろうが
どこの会社のパネルを採用するのかが一番の問題
本体が高機能、高性能であろうと、液晶パネルが低品質だった場合、買う価値のないディスプレイへと格下げされるのは仕方なのないこと

(今のところの俺の予想はLGのH-IPSパネルだと思う)


是非とも消費者を良い意味で裏切って欲しい
高品質パネルと安定した生産ラインを確保できたならこの液晶ディスプレイ「LCD-MF241X」は最高のディスプレイと言われるはずだ
頑張れIODATA俺は買う予定です

スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ペンタブを注文してみた | メイン | 道に迷うこと1時間>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ahirukantyou.blog80.fc2.com/tb.php/57-107e6fad
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。